FC2ブログ

裁決

2/27 阪神6Rのできごと。

直線走路で幸騎手が進路妨害をしたとして降着処分。
これが、物議を醸し出している。

進路妨害の有無の判断は非常に難しいとは思う。

が、あまりに判断がブレ過ぎるとファンにとっても
騎手にとっても困惑する事になる。

ただ、競馬をずっと賭け続けてきた私の目からの
ジャッジでいえば、今回は降着に該当しないと思われる。

幸騎手は 自分が被害者と思ったと言っている。
これについても判断は難しいが、私の意見ではこれも双方
不問レベルと考える。


直線走路で前を走っていた馬は、左鞭を入れられ徐々に
内側にささっていた。
幸騎手の馬はかなり手応えが良かった。
また、その内にいた藤田騎手の馬は手応えが悪そうだった。

内側にささっている馬と藤田騎手の馬の隙間は徐々に埋まって
いたが、そこに幸騎手は突っ込んだ。
ここに突っ込まないと、一旦体制を立て直して外側に進路を
取るしか無い様に見える。
ゴール前だけにこれはかなりの不利。
勝負事なので、十分な脚色からここに突っ込むのは当たり前。

逆に幸騎手の馬から馬券を買ってるファンにとっては、
あの隙間に飛び込まず立て直して外に進路を変更したら、
「なにやっとんのじゃ?」と思ってしまうだろう。


さらに、この程度で降着やったら
昨年の朝日杯も1着馬は降着やろ?他にも同じ様なシチュエーション
で不問のケースは多い。
これ如きで降着になるんやったら、俺、今までいくつも馬券獲れてるで?
(審議対象馬がおらんかったら馬券的中というパターンが異様に多い)


もう少し審議をちゃんと説明して欲しいですね。
パトロールビデオを放映するだけで納得出来るものもあるけど、
今回のは、ちょっと降着処分ってのはあり得ないと・・・。。。

パトロールビデオを流しながら、識者がどこがどうだったのか?
他のパターンとどう違うのか?説明すべきかと思う。

不服の申し立ての棄却ももうちょっと説明がいるんでは?


==問題の進路妨害パトロールビデオはJRAのHPで確認できます==
プロフィール

はやひでくん

Author:はやひでくん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR